ホーム / 目次 / 前ページ / 次ページ



433.ゴルフスウィング解析 ・・・ (2017/07/30)  


 今から丁度10年前2007年に、知人が教えてくれた銀座のゴルフスクールで個人レッスンを受けた。ここで使われていたのが米国、V1ゴルフという会社のゴルフスウィング解析ソフト。ここで始めて、「オマエのスウィングはこんなぞ」と証拠を突きつけられた時のショックは大きかったのを覚えている(笑)。

 プロ向けのV1ソフトはかなり細やかなチェックが出来るようになっている。
 

 以前の解説をご覧になりたい方は「こちら」へ


 振り返ってみれば、星占いでも四柱推命でも、皆さんが知りたいのは「自分」。ゴルフも同じ。ゴルフ雑誌でプロのスウィング分解写真を見たところで、比較すべき「自分」のスウィング分解写真がないと、なんとも比較しようがない。

 この夏はしばらく遠ざかっていた分析システムを装備したスクールでゴルフレッスンを受けてみることにした。きっかけは以下のスウィング解析を見たからだった。

 


 この解析システムの優れたところは、常に右側にプロのスウィングが表示されていて、自分のスウィングは常時カメラで撮影している画像を自動でシンクロ(同期)させているところ。

 で、スウィング内容を比較してみるとガッカリです(笑)。もとより身体の硬い私も70歳が近づいてきて、更に関節の可動域が狭まっているようだ。まあこの硬い関節でどこまで出来るか(ごまかせるか?)がんばってみようと思う。





 こうした施設が近場にない人のために、こんなものを見つけました。

 ヤマダ電機のゴルフ用品売り場で偶然見つけたのがコレ!  ゴルフバックに取りつけられる。練習場ではこれでいいが、コースではアプローチ用にポータブルバックに取りつけて使うようになるだろう。


 構造はこんな感じ。スマホが落ちないように下をサポートする構造になっている。

 ジョイント部は角度の自由度もあり、自転車などに取りつけてナビゲーションとしても使えそう。

確認した範囲で、送料込のこちらショップが安そうでした。

  ダイヤゴルフ・スマホザウルス【DreamGolf】

 以下はメーカー、ダイヤゴルフの「製品説明ページ」にあった紹介写真です。  



<練習後記>
 最近コースに出ると、やけにまぶしく感じる。眼科医に言わせると白内障が進んで来て、眼球内で乱反射が起きているからだろうと。若い頃からさほど頭が良かったわけでもなかったが、目が良いのがウリだった私も視力が落ちてきた(両目1.5 => 右0.5、左0.2)。地元の眼科医に白内障手術が出来る病院へ紹介状を書いて貰うことにした。

 そんなこんなもあって、しばらくは屋内でレッスンに切り替えようと思う。



ホーム / 目次 / 前ページ / 次ページ 


inserted by FC2 system