ホーム / 目次 / 前ページ / 次ページ


正月からゴルフ三昧 (2004.01.12)

 アメリカから留学時代の友人(日本人で米国に永住している)が一時帰国。前回のテキサスにいる友人同様に、彼にもゴルフをやらせて、アメリカ(東海岸・ロードアイランド州)に行った際にはつき合わせようかと思いついた。聞いてみたら、なんと2000年に銀行を辞めてブラブラしていた時期に(1年以上も給料が保証されていたのだそうで)、ゴルフを頻繁にやっていたのだとか。元々は息子がゴルフをやっていて、それで自分も始めたのだという。正月明け4日に、彼の叔父さんが経営しているという埼玉のゴルフ練習場に一緒したが、結構飛ばす。彼、大学時代はバスケットボールの選手で足腰が強いだけに安定してかっ飛ばす。

 ちょうど1日にインターネットでオーダーしたゼクシオが宅急便にてこの日(4日)朝届いたところだったので試し打ちをすることに。ホンマ6年前のモデルに比べると、チタンのお陰が軽量化されていつつ、飛びは良い(ゴルフダイジェストに掲載された感想)。またボールの上がりもいいが、この日は2階打席だったので、あまり上げると上のネットに当たるくらいだった。彼、使っているクラブにはあまりこだわりがないようで(一般的に日本人ほどには道具にこだわらないよう)、息子のお古を使っているのだとか。留学中には彼に大変お世話になったので、中古だがあまり使っていないホンマを米国に持ち帰って貰うことに。彼によれば、今使っているものよりずっと良いとのこと。これで、手ぶらで渡米してもゴルフが出来るかも〜。

 

 

正月明けのプレーは芦ノ湖近くで

 

 

 毎月四半期の初めにセールスミーティングがあるが、今回は私が推薦した箱根でやることになった。しめたとばかり近場のコースをインターネットで物色していたら年末に「クリスマスプレゼント」と称してゴルフダイジェストオンラインから案内が届いた。場所は芦ノ湖カントリークラブ。セールスミーティングが終了した金曜日、もう1泊して翌日(10日)のプレーに供えた。東京から仲間二人がロマンスカーでかけつけてくれ、面子が揃った。

 翌朝は天気も良く、風もなかったので、気温は低いものの寒くはなかった。まさにプレー日和で、真正面に富士山が見えた。コースとしては箱根という地形柄、かなりのアップダウン。乗っているゴルフカートがスピードの遅いジェットコースター状態。打ち上げ、打ち下ろしと面白いゴルフだった。(ゴルフダイジェスト社からの依頼で感想を送っておいた)
 面白かったのは、グリーンを超えて後ろの池に飛び込んだはずのボールがはずんでいる。なんと池が凍っていたのだ。ボールが見えているものの、氷の上では打ちに行くわけにはいかない。ボールはあきらめた。

 この日は1つだけ問題があった。なんと水道が故障していたのだ。朝到着してトイレに行くとスタッフが水洗トイレのタンクにバケツで水を入れているのだ。スタッフにとってもとんだ災難だっただろう。汗もかかなかったので、また帰宅を急いだので風呂には入らなかったが、フロントで近くのホテルの露天風呂に入れるよう手配もしてくれていた。また箱根に来ることがあったら再度このコースに挑戦してみたい。


連日のゴルフは本千葉カントリークラブ

 実は箱根でプレーしたいからと友人を誘ったら、あちらは11日に本千葉を(GORAで)予約していた。箱根に付き合うから千葉もつきあえ、とはその友人の声。ということで、なんと3連休の2日をゴルフすることに。11日連日の早起き(5時)をして千葉へと車を飛ばす。道路が空いていたので7時前に到着、まだフロントが開いていなかった。7時を待ってまずは練習を20球ばかり。そうこうしている内に(ゴルフ場ご近所の)メンバーが集合してきた。

 こちらも箱根ほどではないが、アップダウンの多いコース。インターネットで事前にプレーした人の感想を見たら、コースが狭いとあった。最初は奥行きのことかと思ったら、狭いとうのはフェアウェーの幅のことだった。曲がるクセのあるメンバーはかなりボールを無くした(あたりまえか)。この日、晴れてはいるものの風が強くで寒かった。メンバーの一人がホカロンをくれたので助かった。

 おニューのアイアン使用の2回目だが、番手の差が上手く生かせ、快調だった(その割にパッティングが決まらずスコアはいまいち)。スコアは別にして、気の合う仲間とのプレーは楽しいものだった。

 

 

●練習とラウンドは交互が良いのでは?

 私は結構練習好き。1月は仕事の都合もあってレッスンは申し込まなかったが、ここ1年、週1回のレッスンを受けてきた。私の考えではレッスン(練習)とコース(実地)とを交互にやった方が成果が出やすいのでは?と思い始めた。現状スコアは110〜120代だが、ミスショット(トップ、ダフリ)を無くすことが目標。今年はこの線でやってみたいと思う。そして2005年にはコンスタントに100以下で周れるようにしたいものだ。


ホーム / 目次 / 前ページ / 次ページ

 

inserted by FC2 system